絶対役立つはんこについての基礎知識

普段使っている個人のはんこも何種類か種類があるのをご存じですか。又、会社の場合にはどのようなものになるのかという疑問もあります。形としても円形や楕円形、四角形などあり、文字の形も色々とあるようですし、材料も木材から石、プラスチックその他種類も多いようです。値段も様々でそのようなハンコの相場のようなものはあるのでしょうか。このようなはんこはどこで手に入れるのが良いのでしょうか、又、購入にあたっては色々と知識も必要なのでしょうか。最近は通信販売でも手に入れることができるようになって来ています。昔からはんこ作りで有名な県もありますが実際にそれらのところで購入することも多いのでしょうか。こちらははんこの基礎からお役立ち知識まで詳しく説明するサイトです。

はんこの種類やその意味合い、使い方について

はんこは印鑑と呼ばれるものと印章と呼ばれるものとがあり、役所に登録されたものは印鑑で、それ以外は印章と呼ばれます。はんこは実印と認印に大きく分かれ役所に届けるものは実印が使われ、認印のうちで銀行で使われるものを用意する場合は銀行印と呼ばれる場合もあります。実印のうちで法人の場合は二重の円の内部に社名や代表者印、代表取締役印というような表記がなされている代表者印、社名の記載された四角形の社印が使われる場合があります。はんこを使う目的は文章の作成者が確かに自分が作成したこと、その内容に間違いはありませんということを証明するしるしとして使われるとされます。使い方にルールはありませんが、一般には確認できるように周囲まで不鮮明にならないように押されるのが原則とされていて、特に証明性を伴う場合にはそこまで要求されます。

はんこで知っておくと良い情報について

一般に実印と銀行印、認印は分けて使い、実印は不動産取引や遺産相続、保険金や保証金の受領、起業で発起人になる場合、契約書や公正証書、借用書の作成時に使われ、印鑑証明が必要なとき役所でこれを申請します。実印もネットなら安く購入できます。材料は木材の柘植、水牛や象牙、水晶、チタン、琥珀などがあり美観や強度で選ぶ場合も多いとされます。丸印は代表者による書類に押される重要な印であり、角印は会社が発行した書類であることを相手方に認知させる目的を持ちます。開運印鑑とか印相体というのが我国で広まった時期もありますが、これは創作書体として作りだされた一種の商材の部類に入るものです。ネットで購入する場合は特定商取引に基づく表記や口コミなどの情報も参考にすると良いものです。

1~2営業日内で発送対応致します。 全国各地に向けの印鑑通販サイトです、関東関西なら最短翌日のお届け!お届け時間指定無料! 営業日14時迄のご注文、最短即日発送できます。 送料一律540円、5,400円以上の場合送料無料! 会社設立のための印鑑はセットで8,580円からご用意。お問合せください。 セットで買うとお買い得でお安い商品多数ご用意。 はんこの激安専門サイトなら【はんこプレミアム】